にらログ

地方在住20代共働きサラリーマンの買ってよかったものなどを紹介するブログです。

新生児用のおむつってどれぐらい必要なの?実際に使用した新生児用のおむつをまとめてみました。

f:id:niraojapan:20191022134221p:plain

こんばんは、絶賛育児中のにらおです。

 

生まれる前に育児用品をある程度準備していたのですが、その中である悩みがありました。

 

新生児用のおむつってどのぐらい買えばいいのか。

 

ネットで調べると平均すると1日10枚ぐらい使うという意見はあるものの、あとは個人差があるという記事ばかりで、全くわからず(泣)

 

というわけで、にらお家で娘ちゃんが新生児用のおむつをどれぐらい使ったかを記録しておきました。

これから赤ちゃんが産まれる方のご参考になればと思います。

今日は「いったい新生児用のおむつはどれぐらい使うのか?」をご紹介したいと思います。

 

はじめに

新生児用のおむつをどれぐらい買えばいいかわからなかったにらお夫婦。育児用品を買うためにベビーザらスに行くと、パンパースの箱入りのものを3パック買うと大幅値引き!というセール中でした。しかし、

 

新生児用のおむつってどのぐらい使うんだかわからない。もし買いすぎて無駄になったらどうしよう。

とりあえずパンパース はじめての肌へのいちばんナチュラルムーニーを1パックずつ、合計2パックのみ購入しあとは必要に応じて買い足すことにしました。

結局新生児用のおむつは何枚必要?

にらおの娘ちゃんは、2936gで誕生しました。多分産まれたときの大きさは普通サイズだと思います。成長具合も、成長曲線の中央値ぐらいでした。

そんなにらおの娘ちゃんが、新生児用から次のSサイズにサイズアップするまでに使用したおむつは、合計672枚(試供品を含む)でした。すごい数ですね。

でもおむつ1枚当たり約10数円なので、7000円ぐらいと思えばそこまででもない気がしますね。

 

使ったおむつを一覧で載せておきます。順番は使用した順ですので、ごちゃ混ぜになっています。

  1. パンパース はじめての肌へのいちばん 36枚入り 3パック(産院で支給されたもの)
  2. ナチュラルムーニー 66枚入り
  3. パンパース はじめての肌へのいちばん 66枚入り
  4. ナチュラルムーニー 24枚入り(試供品)
  5. ムーニーエアフィット 90枚入り
  6. パンパース さらさらケア 90枚入り
  7. パンパース さらさらケア 114枚入り(ウルトラジャンボパック) 2パック

新生児用のおむつはいつまで使う?

にらお家の場合は、お腹周りと言うよりは足回りがきつくなってきたのでSサイズに移行しました。新生児用のおむつを使った期間は、約1ヶ月半(44日)でした。

平均すると1日当たり15枚でした。

にらおの娘ちゃんの場合、うんちがゆるめになりちょびちょび出続けている期間があったので、普通の赤ちゃんよりも使った枚数は多いかもしれません。やはり1日当たり10枚ぐらいが平均値かもしれません。

ただ、成長具合は赤ちゃんによって違うので、大量に買いだめして準備せず、その都度必要になったら買うのがベストな気がします。

出産祝いにおむつをいただく可能性もあるので、準備する際はなるべく最低限にしておくのがベストです。

新生児用おむつの使った感想

おむつと言っても、各社で特徴、使い心地が全く違いました。簡単に特徴をレビューしていきます。

にらお家で一番重視したポイントは、おむつ交換サインの見やすさでした。

f:id:niraojapan:20191022134453j:plain

おしっこやウンチをしたら色が変わって、おむつ交換が必要だよと教えてくれるのがおむつ交換サインです。このおむつ交換サインのわかりやすさが一番重視したポイントでした。

パンパース さらさらケア

パンパース=おむつと呼ばれるぐらい有名なパンパース。

サイズは他社よりも少し小さめな印象。おむつ交換のサインが見やすいのでGOOD。

はじめての肌へのいちばんと比較すると劣りますが、これと言って悪いところもなく無難なおむつです。

カインズで売っているウルトラジャンボパック(114枚入り)だと、ドラックストアなどよりも値段も安いのでオススメです。

f:id:niraojapan:20191022103226j:plain

パンパース はじめての肌へのいちばん

産院でも使用されているパンパースの上位タイプ。それがこのはじめての肌へのいちばんです。

f:id:niraojapan:20191022102113j:plain
パンパースさらさらケアよりも値段が高いだけあって、おしっこをした後でもおしりがさらさらしています。手触りもすごくよく、いい素材使っている感があります。おむつ交換サインが本当に見やすいので非常に使い勝手がいいです。

ムーニー エアフィット

ムーニーの通常品であるムーニー エアフィット。

f:id:niraojapan:20191022102219j:plain
柄はPOPなプーさんで可愛いのですが、おむつ交換サインがちょっと見にくいのが残念です。ナチュラルムーニーよりは見やすいですが、パンパースよりは見にくかったです。

ネットの評判では後ろ漏れしにくいということでしたが、にらお家ではどれを使っても後ろ漏れはしませんでした。

ムーニー ナチュラルムーニー

こちらも高級なおむつ。ムーニーエアフィットの上位タイプです。手触り、性能は申し分ないのですが、おむつ交換サインが非常に見にくいのが残念。

f:id:niraojapan:20191022102358j:plain

おむつの柄はクラシックなプーさんで、柄はすごく好みでした。

新生児用おむつのにらお的ランキング

使ったおむつの個人的なランキングだと

1位 パンパース はじめての肌へのいちばん

2位 パンパース さらさらケア

3位 ムーニーエアフィット&ナチュラルムーニー

となりました。

パンパース はじめての肌へのいちばんは高いだけあって、おしりへのダメージも少なく、使い心地もいいです。

でもコスパ、機能性を考慮するとパンパースさらさらケアがオススメです。

ムーニー系はおむつ交換サインが見にくいのがマイナスポイントでしたので同率3位となりました。

おわりに

赤ちゃんが産まれたら当分使用する紙おむつ。今でこそ普通に紙おむつがありますが、布おむつしかなかった昔の育児は大変だったと思います。技術の進化に感謝しつつ、これからも便利に育児に励みたいと思います。

 

きっとこの記事を読んで頂いている方は、これから赤ちゃんが産まれる方だと思います。育児用品は早めに準備して、2人きりの夫婦の時間をできる限り楽しんでください。

赤ちゃんが産まれてからはびっくりするぐらい時間が無くなりますよ。

以上、にらおが実際に使用した新生児用のおむつをまとめてみました。最後までお読みいただきありがとうございました。