にらログ

地方在住20代共働きサラリーマンの買ってよかったものなどを紹介するブログです。

お家でビーフジャーキーを自作する方法

f:id:niraojapan:20190501002100j:plain

こんばんは、にらおです。

令和元年始まりましたね。今年は待望の我が子も生まれてくるので、激動の一年になりそうです!

 

さて、みなさん『ビーフジャーキー』は好きですか?

にらおはビーフジャーキーが大好きです!好きなおつまみランキングでも上位に入ります。

でも、あまり量が入ってないのに、まあまあ高いじゃないですか(笑)。一度は思ったことありませんか?

 

飽きるまで食べたい!と。

でも、そんなに大量に買うのは・・・(笑)。

 

ならばいっそのこと作っちゃおう!!

ということで、にらおはここ最近ビーフジャーキーを自作しております。

 

今回はオーブンレンジさえあれば手軽に作れる、ビーフジャーキーの作り方をご紹介していきます!

自家製ビーフジャーキーの作り方

通常のビーフジャーキーの作り方

よく自作レシピで出てくるビーフジャーキーの作り方は、ソミュール液と言う燻製液に漬け込み、乾燥させ、燻製するのが一般的な作り方です。

 

でも燻製するの、めんどくさいじゃないですか(笑)。

チップや、燻製機とか必要だし、にらおみたいな”ずぼら人間”には少々難易度が高い。では、どう作るのでしょうか?

ビーフジャーキーを自作するための機械

世の中には、ビーフジャーキーを自作するための機械があります。食品を乾燥してくれるその名も『ドライフードメーカー』。

でも、普通のご家庭にはありません(笑)。

今回の作り方はなんと燻製もせず、オーブンレンジのみで作ることができます!

燻製なしでオーブンレンジだけでできるビーフジャーキーの作り方

材料

牛モモ肉ブロック(豚でも可) 500g

調味料液

醤油   150㏄

料理酒  大さじ3

塩    小さじ1/2

こしょう 小さじ1

ガーリックパウダー 小さじ1

パプリカパウダー  小さじ1/2

砂糖   大さじ2

材料は以上です。

調理方法

①牛モモ肉を3㎜厚ぐらいに切り分ける。

ブロック肉を均等に切り分けます。一度冷凍してから少し自然解凍すると、切りやすくなります。

ちなみに我が家では、肉を切る際に使い終わった牛乳パックを、まな板がわりに使用します。使ったら廃棄!無駄に衛生面に配慮!(笑)

f:id:niraojapan:20190430233927j:plain

牛モモ肉ブロック 500g

f:id:niraojapan:20190430234007j:plain

慣れない手つきで切りそろえていくっ!(笑)

厚みはお好みの厚さでOKですが、均一でないと出来上がりの硬さに差が出るので注意してください。

f:id:niraojapan:20190430234050j:plain

びっくりするほど不均一になりました(笑)

今回500gで40枚ぐらいになりました。

②調味料をフライパンにいれ、一度煮立たせ、冷ます。

調味料をすべてフライパンに投入し、一度煮立たせます。煮立ったら冷めるまで放置します。

f:id:niraojapan:20190430234139j:plain

調味料液を冷ましてボウルにIN。

③切った肉を調味料液に漬け込む。

冷ました調味料液に、切り分けたお肉を漬け込みます。

f:id:niraojapan:20190430234232j:plain

目安は約2時間ですが、ここはお好みで。1時間ぐらいで、上下を入れ替えました。

漬け込む時間が長いほど味が濃くなり、短いほど味が薄くなります。

④オーブン100℃に余熱し、1時間半~2時間焼きます。

オーブン皿にクッキングシートを敷きつめ、その上に1枚ずつ並べていきます。

f:id:niraojapan:20190430234412j:plain

これを予熱したオーブンに投入します!

f:id:niraojapan:20190430234617j:plain

結局二段になってしまいました。

1時間経ったら、表面の脂を拭いて、裏返します。いやー、順調に縮んでいますね。

f:id:niraojapan:20190430234755j:plain

1時間後はこんな感じ。

f:id:niraojapan:20190430234834j:plain

裏返しました。

再度1時間焼き上げます。

f:id:niraojapan:20190430234955j:plain

裏返して1時間後。

見た目はあれですが、めっちゃいい匂いします!それにしても、めっちゃ縮みますね。

f:id:niraojapan:20190430235054j:plain

⑤キッチンペーパーに挟み、さらに自然乾燥させる。

焼きあがったものをキッチンペーパーに移動し、挟みこむようにしてそのまま一晩放置します。十分乾いている場合は、この作業はしなくても大丈夫です。

f:id:niraojapan:20190430235338j:plain

⑥完成!!

市販品と比べると、食感などは違いますが、立派なビーフジャーキーができました!

自作ビーフジャーキーの保存期間

完成したビーフジャーキーは、必ず冷蔵庫に入れて早めに食べきることをオススメします。

今のところ美味しすぎてあっという間に食べきってしまっていますが、自作する際はくれぐれも食中毒にご注意を!

ビーフジャーキーを自作した際のコスト

今回は500gのモモ肉ブロックから約40枚のビーフジャーキーができました。今回は割引されて500gの牛モモ肉が約600円でしたので、1枚当たり15円。激安です。

牛モモ肉が一番オススメですが、豚モモ肉でもポークジャーキーが作れますよ!

注意点

お肉を切り分ける際に、厚みが不均一だと、お肉を漬け込む際に味にムラが出ます。また、焼き上がりにもムラが出るので、できるだけ厚みは一定になるように切り分けるようにしてください

おわりに

今回は、燻製をせずオーブンのみで作る方法をご紹介いたしました。そのうち燻製するver.もつくってみようと思います!

今回の作り方を参考に、GWには自作ビーフジャーキーを作ってみてはいかがでしょうか?

調味料の配合などをカスタマイズして、自分好みのビーフジャーキーを作り上げてみてください!

以上、にらおが『ビーフジャーキーを燻製なしで自作する方法』をご紹介いたしました。ご覧いただきありがとうございました!