にらログ

地方在住20代共働きサラリーマンの買ってよかったものなどを紹介するブログです。

ハヤシライスがプロの味に!完熟トマトのハヤシライスソース

ハヤシライスって、たまにすごく食べたくなる時ありませんか?

でも、一回食べると当分いいかなってなるんですよね。笑

 

いつもお世話になっております、にらおです。

暖かくて最高の土日でしたので、どこかお出かけになった方も多いのではないでしょうか?

花粉症の方にとってこの時期は地獄ですよね。にらおも重度の花粉症のため、なるべく外に出ないようにしておりました。

 

金曜の夜、話題の映画「カメラを止めるな」を見ていたのですが、その中であのおなじみのCMが流れました。

housefoods.jp

 

「あ、久しぶりにハヤシライス食べたくなってきた!よし、明日の夜作るわ!」

って事で土曜日の晩御飯にハヤシライスを作ることにしました。

 

  

完熟トマトのハヤシライスソース

f:id:niraojapan:20190310202407j:plain

ハウス 完熟トマトのハヤシライスソース

完熟トマトのハヤシライスソースって語呂がいいですよね(笑)。日本人ならばハヤシライスと言ったら完熟トマトのハヤシライスソースを思い浮かべる人が大半なのではないでしょうか?

買い出しを済ませ、牛肉(薄切り)とマッシュルームを手に入れてきました。

さーて作ろうかと思いましたが・・・

せっかく作るならば少しでも美味しい方がいいと思いまして、ハウス様の公式HPを見てみると目を引くワードが!

 

6つのコツでプロの味 洋食屋さん仕立てのハヤシライス

 

え、なにこれ、気になる!というわけでこの作り方で作ってみることにしました。

 

洋食屋さん仕立てのハヤシライスの作り方

一応ハウス様の公式レシピページも載せておきます。

洋食屋さん仕立てのハヤシライス | レシピ | ハウス食品

 

材料(5皿分、ルー半分の分量)

完熟トマトのハヤシライスソース(182g)   1/2箱 92g

牛肉(薄切り)                150g

玉ねぎ                    中1個

マッシュルーム(缶詰でも可)           3個

インスタントコーヒー             大さじ1

ハウスコショー                小さじ1/4

サラダ油                   大さじ1

水                      600ml         

 

作り方

具体的に書いてなかったのですが、多分6つのコツは赤字の部分だと思います。 

  1. 1.玉ねぎは半量を繊維を断つように薄切り、残りの玉ねぎを1.5cm幅に切り、さらに長さを半分に切る。
  2.  牛肉は半量は2cm幅、残りを5cm幅に切る。
  3. 厚手の鍋にサラダ油を熱し、繊維を断った薄切りの玉ねぎを広げ、約2分焼く。上下を返してしんなりするまで2~3分炒める。
  4. コーヒーを加えて約1分炒め、2cm幅の牛肉・マッシュルーム・残りの玉ねぎを加えて全体に混ざるまで炒める。
  5. 水を加えてふたをして、沸騰したらあくを取り、弱火で約15分煮込む。
  6. いったん火を止め、ルウを割り入れて溶かし、コショーを加えて混ぜる。
  7. 中火にかけ5cm幅の牛肉を加えて、ふつふつとしたら弱火で時々かき混ぜながら、約5分煮込んで完成。

 

こうして完成したのがこちら!

 

f:id:niraojapan:20190310210351j:plain

完成したハヤシライス

めちゃくちゃいい匂い!念願のハヤシライス!ちなみにこのお皿、大学生のころからずっと愛用しております。(笑)

 

感想

食べたかったことということもあり、非常に美味しかったですコーヒーで玉ねぎを炒めることで香ばしさがプラスされていましたね。玉ねぎの食感も絶妙でした。ただ、牛肉は細かく切らなくてもいいのかなーと思いました。

満足!

 

少し手間を加えるだけで、料理をそこまでしないにらおでも美味しいハヤシライスを作ることができました。

 

時短レシピ

ただ、いつも家事など忙しい奥様方からするとそんな手間かけてる暇ないわ!っていう感じではないでしょうか?(笑)そんな奥様方にぴったりのレシピもありましたよ!

時短レシピ

次はこの作り方でパパっと作ってみようと思います。

 

あとがき

作るのが面倒そうなハヤシライスも、ルーを使えば簡単に、そして美味しく作ることができました。ハウス食品様様です。この記事を見てハヤシライスが食べたくなったという方いるのでは?(笑)

是非今回ご紹介しましたレシピをお試しください!

ご覧いただきありがとうございました。

以上、にらおがお送りいたしました。